革財布持っているだけで何故かうれしくなってくる革のカバンや財布。使い込むほどなんとも言えぬいい感じになっていってもう手放せない!

しかし革製品は値段がはるのでそう簡単には買うことが出来ませんよね。だからステイタスにもなりますけど・・。

安いと思って買った革製品は実はビニール製品だった!ということもあります。最近の革に似せたビニールはホントよく見ても見分けがつきません。だったらビニール品でもいいのかもしれませんが、使っていくうちにその差ははっきりと表れてきます。ビニール品は買ったときが一番良い状態なのだけれど、だんだん劣化して破れることも多いのです。しかし革はその逆で使うほど馴染んで良い感じになってくるのです。よく擦れる所などは硬く光ってきたり、動く場所は程よく柔らかくなってきたりと自分が使い込んだ証としての独特の風合いがまた素晴らしいのです。

また値段の話にもどしますが革製品はホント値段が高いです。しかし、革の材料費は10cm×10cmの面積あたりで大体35~200円くらいなのはご存知でしょうか。財布なんかの革材代は1000円いってないと思うんですが、売値は1万円余裕で超えるのもあります。ということは材料費以外の値段はやはりブランド、技術代、工賃ということになるのでしょう。

ということは自分で作れれば安く、経験を積めば良い物が出来るということ。
普通ハンドメイドというのは買うより高くつくことが結構ありますが、レザークラフトは間違いなく自分で作ったほうが安くつきます!
プレゼントとしても最高に喜ばれますよ!

 

 

 

ところが、「自分で作ったら安い」と思って始めたレザークラフト、沼にはまって道具や材料の購入費がすでに10万円を超えている自分・・・^^;

なんとも趣味の世界は恐ろしい!!!!!

とにかく、貴方にとって当サイトがレザークラフト始める道しるべになれば幸いです。