5年経過状態と補修

5年前に製作した高齢の父がガラケーをベルトに装着している携帯ケース
ジャンパーボタンが取れてしまったというので補修します。

ジャンパーボタン

まずは5年経過状態の写真

まずはいろいろな角度から撮影してみましょう。
1080-DSC02596

引っ張られる箇所の縫い糸のほつれも目立ちますね。

1080-DSC02587 1080-DSC02586 1080-DSC02585 1080-DSC02582

ジャンパーボタンにはかなり負荷が掛かるのか損傷が激しいです。

1080-DSC02584

それでは補修

ジャンパーボタンのメス側はベルトごと新規に交換、オスは金具だけ交換します。

ジャンパーボタンの裏側は漉いて薄くし、糊付けします。糊付けの場合、もっと大きくしないとまたすぐ取れちゃいそうですネ。

と、ここでやっちまいました。ジャンパーボタンの間隔が適当すぎます・・・

作りなおすのも面倒なので、あいだに切れ込みを入れて対処することにしました(゚∀゚)

あとは糸縫いして終了。

1080-DSC02594

1080-DSC02593

1080-DSC02597

レザークラフト、久しぶりすぎる・・・。道具の用意だけでもすごく時間がかかった。
ブログも含め、放置しすぎて反省。在庫の革がカビないうちにいろいろ作りたいです・・^^;

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。