シンプルなファスナー付きペンケースの作り方

ファスナーを使ったペンケースを作りました。

img_3974

これの型紙は作っていません。ただの長方形ですからw

材料は23㎝×11cm×1.5㎜厚の革を2枚、20㎝ファスナー。
(それと、写真左の3㎝×3㎝の革タグ、ファスナーつまみ部の革などお好みで)

実は今回作ったのは革の長さを23㎝でなく21.5㎝としてしまったのでファスナーに対して革の長さが足りませんでした。真似して作られる方のために上記材料寸法は修正して表記しました。

制作順序

  1. 床面(裏地の処理)、コバの仕上げ
  2. ファスナー縫う
  3. 裏地を表にして周りを縫う

製作過程

1-1 ファスナーの縫い代を5㎜にするので、ディバイダーを5㎜にセットして縫い線を付けます。

革の裏面にケガキ線を入れる

2枚分の縫い線を引き終わったところ。

1-2 床面に「トコノール」を塗ります。これを塗ると毛羽立ちを防ぐことが出来ます。

革の裏面にへらでトコノールを塗る

1-3 ガラスで力を入れて擦ると落ち着きます。

革にトコノールを塗り、ガラスで強く擦る

ファスナーの縫い代は避けて塗りましょう。接着剤の力が奪われますので。

革の裏面にトコノールを塗り、乾かしたところ

1-4 ファスナー部のコバは表に出るのでファスナーを付ける前に仕上げておきます。コバスーパーを塗布しました。

革のコバ(切断面)を綿棒でコバスーパーを塗り木片などで擦る

2-1 ファスナーを縫うので、まず縫い線をケガキます。ディバイダーを3㎜にセットしました。

2-2 ケガキ線に沿って目打ちを打ち込んで縫い目を開けていきます。

革に縫い線に沿って4本菱目打ちで縫い穴をあける

菱目打ちで縫い穴を空け終わったところ。

革に縫い線に沿って4本菱目打ちで縫い穴をあける

2-3 ファスナーを接着します。革、とファスナーの両方にゴム糊を塗布します。

革とファスナーに接着剤(ゴム糊)を塗布する

乾くまで待ちます。(普通は待ちきれずフーフーしちゃいますがw)

革とファスナーに接着剤(ゴム糊)を塗布する

2-4 ファスナーを貼り付けます。ここは慎重にライン通りに張ります。

革にファスナーを貼り付ける

革にファスナーを貼り付ける

2-5 ファスナー部を縫います。糸は縫う距離の約4倍(ここでは80㎝位)取ります。

革にファスナーを縫い付ける

ファスナーの両側を縫い上げます。

革にファスナーを縫い付ける

革にファスナーを縫い付ける

3-1 革の裏側の3辺に3㎜幅でケガキ線を入れます。(1枚でよい)

革にケガキ線を入れる

3-2 革の表面に3㎜幅で接着するためのケガキ線を入れます。(2枚とも)

革にケガキ線を入れる

3-3 接着力をupするため、接着面を削って荒らします。

革の表面を削って荒らす

革の表面を削って荒らす

3-4 ゴム糊を2枚とも塗布します。

革に接着剤を塗布する

3-5 革を張り合わせます。

革の貼り合わせ

タグはファスナーを開き口近くの位置にセットして一緒に接着しました。

革タグのセット

3-6 ケガキ線に沿って菱目打ちで縫い穴をあけていきます。

3-7 革の3辺を縫います。最初は2重縫いして補強します。

革を縫う

縫い終わればほぼ完成です。

革の手縫い

3-8 裏表をひっくり返して完成です。

本革製ペンケースの完成

本革製ペンケースの完成

今回の反省点

  • ファスナーに対して革が短かった。布製のペンケースを参考にしたが、革の厚みと硬さを考慮しなければならない。
  • 裏返すとき、角部はとても大変だった。下記写真程度のだぶつきではあるが。R15㎜ほどとっていればきれいに裏返せたかもしれない。

レザークラフト

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。